知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


子供の喘息、市販薬は慎重に

近年、子供の喘息は増加傾向にあるといいます。
医療が進み重症化する前に、発作を予防する
又は鎮める薬はかなり良いものが出ているものの、
東南アジアの中で日本は喘息患者数が、
最も多いとされています。

小児喘息から大人の喘息まで、普通の風邪とは違い、
完治するまでかなり長い付き合いになると思います。

私自身も6歳~30歳後半まで、
ひどい喘息に悩まされて来ました。
当時(1970年後半)、近所には小児科がなく、
大人と同じ内科を受診しました。

発作を鎮める為の薬を3種類処方してもらいましたが、
なかなか発作が鎮まるまでには、時間が掛かり、
とても苦しい思いを何度となく経験しました。
発作がひどい時は薬が効かない為、入院する事もありました。

その為、掛かりつけの内科では、
私にどの薬が合うのか血液検査を始め、
アレルギー反応を調べる検査などが始まりました。
喘息発作の原因は、実に様々だと思います。

ハウスダストや花粉、動物アレルギーなど。
近年は市販品の喘息薬がドラッグストアやコンビニで、
簡単に手に入るようになり、便利になりました。
忙しい大人にはありがたいですね。

しかし上記の事から考えると、
医師から処方して頂いた以外の市販品では、
慎重に選んだ方がいいといえるでしょう。

特に子供の場合は、
大人と違い自分の症状を詳しく説明出来ない事もあります。
またアレルギーによるショック症状などもあるので、
わからない事は薬剤師さんに相談してみる事も大切ですね。




最新情報

喘息薬にかかせない吸入と、その種類





トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.