知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


喘息薬にかかせない吸入と、その種類

喘息薬の種類には
「発作を予防する薬」と「発作を鎮める薬」の2種類があります。
「発作を予防する薬」には、
長期管理薬吸入ステロイド剤と、
長時間作用性吸入β2刺激薬があります。
この長時間作用性吸入β2刺激薬には、
吸入薬・内服薬・貼り薬があります。

長時間使用する薬は、
効果が出始めるまでに時間が掛かります。
やめてしまうと効果はなくなるので、
体調が優れている日が続いても、
忘れず使用する事が大切です。

吸入には「エアゾール式」と
「ドライパウダー式」のものがあり、
使用する器具や使用方法、使用回数も異なります。
その人の年齢や症状にあったものを、
医師が処方してくれるので、正しく使用しましょう。

では「発作を鎮める薬」としては、
短時間作用性吸入β2刺激薬があります。
強い気管支拡張作用によって、喘息症状を早く改善します。
作用時間は4~6時間程度です。

この薬は早く効きますが、
1日の使用回数が決められていますので、
それ以上は使用しないようにしましょう。

私はこの薬の吸入薬を使用した際に、
あまりの即効性に驚き感動し、
それ以来、「あ?ちょっと発作が出そうかな?」 

また発作がひどく吸入薬の効きが悪い時は、
決まった回数以上に使用していました。
また他の喘息薬(錠剤)も使用していたので、
体に負担が掛かったのか、心臓がドキドキしたり、
手が震えるなどの症状が出ました。

そうならない為にも、家で対処してもダメな時は、
病院を受診しましょう。




トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.