知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


咳喘息?薬を使用したのに効かない!

薬を使用したのに、効かない!って経験ありませんか?
私はこの不思議な体験を、何度か経験したことがあります!

子供が「小児喘息」とまだはっきり診断される前、
咳がひどくて病院を受診した時の事です。
咳止めと、風邪薬、貼る薬を頂いて帰って来ました。
帰宅後すぐに使用し、休ませたのですが、
一向に咳が治まる気配もなく、
それどころか横になれないほどひどくなっていきます。

「なんで?どうして?」苦しそうにしている子供を連れ、
またまた救急病院へ走ったのです。

胸の「ヒューヒュー」という音(喘鳴)と、
医師は症状を聞いて、すぐに吸入をしてくれました。
すると吸入が終わる頃にはずいぶん落ち着いてきたのです。

その後に小児科で血液検査などをして、
はっきりと「小児喘息」と診断されたのですが、
今思えば、あの咳は「咳喘息」と
呼ばれるものだったのかもしれません。

「咳喘息」は末端の気道が息を吐く時に、
とても狭くなるらしく、
これには気管支拡張剤が効くのだそうです。
どうりでふつうの風邪薬や、
咳止めが効かなかったわけですね。

気管支拡張剤には
①吸入薬 
②貼る薬 
③飲み薬 
があるそうです。
吸入は即効性があり、貼る薬は持続性があるそうです。
また飲み薬は、副作用が出やすいとのこと

子供は自宅療養でも、
①と②を使用する事でずいぶん良くなり安心しました。
ただやはり① or ②の使用では、
なかなか十分ではなかったので、
2つ一緒に使用した方が、効果は抜群に出るようです。




トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.