知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!!


喘息薬の吸入と、うがいの効果

風邪予防には「うがい!」とよく言われますが、
手軽で簡単なこの方法、実は風邪だけでなく
喘息の発作を防いだり、花粉症にも効果があるんです。

喉が乾燥していると、菌やウィルスが付着してしまいます。
それが体内に入り込み増殖し、あらゆる病気を引き起こします。

また鼻が詰まり口呼吸になると喉が乾燥し、イガイガしたり、
咳をすると痛みを伴いますね。
その為、うがいによって喉に付着した菌やウィルス、ホコリ、
アレルゲンを洗い流し、喉を潤す事はとても大切な事なのです。

うがいには様々な方法があります。
「うがい薬」を使用して、喉の殺菌、消毒をするうがい。
「お茶」でするうがい。

お茶の中にあるカテキンという成分には殺菌作用があります。
定番は「塩うがい」。
塩はどのご家庭にも常備していると思うので、
すぐに実行出来ますね。

「塩うがい」には抗菌作用があり、
1日3回程すると効果的だそうです。

またアレルギー性鼻炎や花粉症には、
「鼻うがい」が良いと聞いた事があります。
しかし喉のうがいとやり方が少し違うそうなので、
これは実行する前にきちんと調べた方がよさそうですね。

私が小学生の頃、喘息発作の予防として登校前と就寝前、
塩水で5分~10分の吸入をしていました。
就寝前はうがいをしてからやります。
すると喉がほどよく潤い、
気持ちよく眠りにつけた事を覚えています。

また喘息を予防する吸入を使い出してからは、
吸入後に副作用を防ぐ為、必ずうがいをしていました。

風邪にも「手洗い!うがい!」といいますが、
「うがい」侮るなかれ!ですね




トップページ
喘息の発作!市販薬か?病院か? | アレルギーを抑える市販薬、喘息にも効くのか? | 喘息発作の治療に使用する紫色の吸入薬
喘息の吸入薬、アドエアと副作用 | 喘息薬の吸入と、うがいの効果 | 喘息薬の種類と吸入 | 喘息薬の副作用と眠気
喘息薬による副作用と心臓の働き | 喘息薬の副作用?吐き気で気持ち悪い | 咳喘息?薬を使用したのに効かない!
子供の喘息発作、症状には気を付けて! | 子供の咳の症状、喘息?それとも風邪? | 子供の喘息症状には、発熱が伴うか?
大人になってからの喘息症状、どう付き合う?治療は? | 突然の喘息発作!薬がない!どう対処する? |喘息治療の名医 ~大阪編~
喘息治療!ステロイド治療薬の副作用 | 喘息薬の吸入と副作用 | 喘息薬にかかせない吸入と、その種類


© 知っておきたい!喘息の症状と注意点について解説します!! All Rights Reserved.